食品の栄養成分表示の義務化方針固まる

消費者庁は、熱量やナトリウムなど食品の栄養成分表示を義務化する方針を固めた

栄養バランスのとれた食生活を送るため、商品を選択しやすくすることなどが目的だ。
同庁は来年度にも法整備に着手する。トランス脂肪酸などの表示は引き続き検討する。

栄養成分の表示は現在、基本的には事業者が任意に行っている。
健康増進法で基準が定められているのは、商品に「脂肪30%カット」「カルシウムたっぷり」といった強調表示などをする場合。
その成分の含有量を表示するとともに、〈1〉エネルギー(熱量)〈2〉たんぱく質〈3〉脂質〈4〉炭水化物〈5〉ナトリウム――の5項目の含有量をこの順番で表示しなければならない。

同庁はまず、熱量などの5項目の含有量の表示を、原則としてすべての食品に義務づける。
ただ、表示する際の優先度を見直し、ナトリウムを2番目に表示することを検討している=下記参照=。
日本人は世界の中でも塩分などからのナトリウムの摂取量が多く、それが脳血管疾患のリスクと関係しているとのデータもあるからだ。

(現在の表示基準)

①エネルギー
②たんぱく質
③脂質
④炭水化物
⑤ナトリウム

(新・表示基準案)

①エネルギー     
②ナトリウム
③脂質
④炭水化物
⑤たんぱく質

過剰摂取すると心疾患のリスクを高める「トランス脂肪酸」や「飽和脂肪酸」、「食物繊維」や「糖類」
などの成分の義務化については、引き続き検討する。

また、含有量と表示の誤差の許容範囲や、チェックのあり方など具体的な取り組みについても議論する。

同庁は昨年11月、関東地方の大手スーパー3店舗で633食品を調査した。
82%の商品にこの5項目の表示があった。
ただ、食品の業界団体などは、「義務化となれば中小企業にとっては負担も大きい。
成分の含有量を分析するのにコストもかかる」と困惑している。

消費者団体「主婦連合会」(東京)事務局長の佐野真理子さんは、「栄養成分の含有量は、商品を選ぶ際にとても重要な要素。事業者は、消費者に分かりやすく表示をするよう工夫してほしい」と話す。

海外では、健康志向の高まりなどから、米国やカナダ、中国、韓国など、栄養成分表示を義務化する国が増加している。
同庁では昨年12月から、学識経験者や業界関係者による検討会を開き、表示のあり方について話し合ってきた。

(2011年7月1日 読売新聞)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
カロリーアンサー機能概要 Mar 16, 2018
食品表示の適正化に向けた「年末一斉取締り」実施 Nov 28, 2016
カロリーアンサー導入の有効手段 Feb 18, 2015
●改定●測定モードのご紹介 Oct 06, 2014
【大手食品素材企業】日清製粉グループ本社様 Dec 08, 2013
プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規代理店/主席ディーラー】
有限会社夢健工房オーナー

■本店■カロリーアンサー.com

思い起こせば2004年10月、東京ビッグサイトで開発途中の『カロリーアンサー』試作機と出会ったのが始まりでした。世界初の近赤外線分光分析機能を搭載した電脳マシンに感動!カロリーや3大栄養素を、わずか5分で測定する機能に分析革命を確信、迷わず(販売代理店)となる。
以来、大手食品製造業、スーパー、食品分析会社、大学栄養学部等に導入提案、現在普及270台突破、テレビ放映やメディア出演頻度に比例して知名度も飛躍的にUP、お問い合わせ件数も増加しました。今では食品業界初の栄養測定機として認知され、全国を実演デモで東奔西走の日々を楽しんでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR