●改定●測定モードのご紹介

●CA-HN測定モードご紹介

旧モデルは7つの測定モードが標準搭載(調理加⼯⾷品、ヘルシー、パン類、ケーキ、和菓⼦、⽣⾁、ハム類)でした。
新モデルでは、調理加⼯⾷品モード(標準搭載)の他に(揚物類モード、煮物類モード、寿司類モード、サラダ類モード、パン類モード、ケーキモード、和菓⼦モード、⽣⾁モード、ハム類モード)の中から6つのモードを選択して頂き搭載することが可能となりました。

(計7モード搭載)新たに追加となった3モードについてご紹介しますと、揚物類モードとは、「天ぷら」「から揚げ」「コロッケ」など油で揚げて調理される単品⾷品の測定に適しています。
煮物類モードとは、「筑前煮」「野菜の煮物」「おでん」など、今まで⽔分が多いことで不得意とされていた煮物を測定する事が出来ます。寿司類モードとは、⿂介類に多く含まれる「たんぱく質」をより良く検出する事が可能となりました。

●CA-HM測定モードご紹介

旧モデルでは、6つの測定モードが標準搭載(反射測定:調理加⼯⾷品、和・洋菓⼦、スナック、透過測定:清涼飲料⽔、コーヒー飲料、カレーシチュー)でしたが、
新モデルでは、調理加⼯⾷品、和・洋菓⼦、スナック、清涼飲料⽔、コーヒー飲料、カレーシチュー、揚物類、煮物類、寿司類、サラダ類、アルコール飲料類、味噌汁・スープ類の他に、五訂⾷品分類表に沿った、17項⽬の測定モード:1穀類、2いも及びでん粉類、3砂糖及び⽢味料類、4⾖類、5種実類、6野菜類、7果実類、8きのこ類、9藻類、10⿂介類、11⾁類、12卵類、13乳類、14油脂類、15菓⼦類、16し好飲料類、17調味料及び⾹⾟料類の中から測定モードを6項⽬選択して頂き搭載する事が可能となりました。また、より多くの測定モードをご利⽤頂くお客様には、更に測定モードを追加する事でお客様のニーズに対応する事が可能になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
カロリーアンサー機能概要 Dec 16, 2018
栄養表示義務化まで、正味2年を切りました。 Apr 06, 2018
平成 29 年度補正予算に係る助金関連情報 年度補正予算に係る助金関連情報です 。 Mar 12, 2018
【栄養表示義務化】完全施行まで残り年2年2か月となりました。 Feb 20, 2018
カロリーアンサー納品先首位は、「食品製造業品質管理部門」です。 Jan 16, 2018
プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規代理店/主席ディーラー】
有限会社夢健工房オーナー

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR