栄養学(えいようがく)とは、

栄養学(えいようがく)とは、

食品やその中の成分、栄養素がどのように人間の体の中で利用されたり影響されたりしているかを食品や食事の面から研究する学問。

なお、栄養とは、生物が自らの体を構成して生活活動を営み、健康を維持・増進して生命を維持してゆくため、必要な物質を外界から身体に取り入れ、これを利用する現象をいう。栄養学は、人間の栄養に関する学問である。

目次 [非表示]
1 栄養素の一覧
1.1 ビタミン類
1.2 ミネラル
2 歴史
3 関連項目
4 関連書

[編集]
栄養素の一覧
炭水化物
脂質
タンパク質
アミノ酸 - 必須アミノ酸
水分
[編集]
ビタミン類
ビタミンA
ベータ・カロテン
ビタミンB群 - ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK
[編集]
ミネラル
主要ミネラル - カルシウム、カリウム、マグネシウム、ナトリウム、リン、塩素
微量ミネラル - 鉄分、亜鉛、硫黄、銅、クロム、モリブデン、ヨウ素、マンガン、コバルト、セレン
必須想定ミネラル -リチウム(Li)・バナジウム(V)・コバルト(Co)・ニッケル(Ni)・ホウ素(B)・ゲルマニウム(Ge)・臭素(Br)・ヨウ素(I)
有害ミネラル -ベリリウム(Be)、ヒ素(As)、鉛(Pb)、アルミニウム(Al)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)

[編集]
歴史
明治4年(1871年)に、ドイツ人ホフマンによって栄養についての知識が日本に伝えられた。しかしそのときは医学のなかの一分野にすぎず、一つの学問として体系化されたものではなかった。栄養学の創始者といわれる佐伯矩は、京都帝国大学で医化学を学び、内務省伝染病研究所において北里柴三郎の門下として細菌学を研究。明治40年(1907年)には、特別研究員としてアメリカのエール大学に招聘され、またヨーロッパを遊学した。栄養学が芽生えたのは、大正3年(1914年)。佐伯によって営養(栄養)研究所が創設され、医師10名、高等師範1名に栄養に関する講義が行われた。大正9年(1920年)には、内務省の栄養研究所(現在の国立健康・栄養研究所が設立され、佐伯は初代所長となる。大正13年(1924年)、佐伯は私費を投じて栄養学校を設立。翌年入学した第一期生は、1年間の学業を修め、佐伯によってつけられた「栄養士」と称して世に出た。佐伯矩は海外でも精力的に講義を行い、その業績によって昭和9年(1934年)には、国際連盟主催の国際衛生会議において、参加各国が国家事業として栄養研究所を設立し、栄養士の育成を行うようにとの決議がなされた。同年、日本医学会の分科会として、栄養学会が正式に独立を認められた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

■本店に行く(カロリーアンサー.com)

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
カロリーアンサー機能概要 Dec 16, 2018
栄養表示義務化まで、正味2年を切りました。 Apr 06, 2018
平成 29 年度補正予算に係る助金関連情報 年度補正予算に係る助金関連情報です 。 Mar 12, 2018
【栄養表示義務化】完全施行まで残り年2年2か月となりました。 Feb 20, 2018
カロリーアンサー納品先首位は、「食品製造業品質管理部門」です。 Jan 16, 2018
プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規代理店/主席ディーラー】
有限会社夢健工房オーナー

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR