記事一覧

第六回栄養成分表示検討会(消費者庁)傍聴記録

第六回栄養成分表示検討会(消費者庁)

5月30日、消費者庁栄養成分表示検討会(*)の第六回が行われました。

*現在、日本では栄養成分表示は任意ですが、本検討会で今年の夏をめどに義務化の検討を含めた議論を行うことになっています。

本検討会は15名の委員で構成されており、今回は山根香織委員以外の14名の委員とオブザーバーとして独立行政法人国立健康・栄養研究所食品保健機能研究部長の石見佳子氏が出席しました。

今回は論点整理のために、石見佳子氏より栄養成分表示の運用上の問題点について発表がありました。

発表の後、主に以下の点について議論が行われました。

●栄養成分表示の適用範囲はどうするか。(→生鮮食品や外食、中食は適用範囲外にした方がよいかどうか。)

●誤差範囲はどうするか。(→分析した場合と成分表から計算した場合で、値のばらつきはどのくらいあるか。表示値に対して上限値と下限値の両方を規制するか、どちらか一方を規制するか。)

●監視はどのように行うか。(→現在、東京都では保健所の栄養指導員が監視を行っている。栄養成分表示が義務化されたら、各自治体で実効性を担保することには色々な問題があると思われる。)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

 2018年度第2次補正予算が2月7日、参院本会議で可決成立しました Feb 09, 2019
カロリーアンサー概要 Dec 31, 2018
食品表示の適正化に向けた取組について(消費者庁) Dec 29, 2018
カロリーアンサーの、アフター体制はシッカリしていますか? Dec 27, 2018
カロリーアンサーは、購入価格に見合うのか? Dec 23, 2018

プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規全国販売即応代理店】
有限会社夢健工房
本店:カロリーアンサー.com

スマホ・タブレット読み取り

QR