記事一覧

●改定●測定モードのご紹介

●CA-HN測定モードご紹介

旧モデルは7つの測定モードが標準搭載(調理加⼯⾷品、ヘルシー、パン類、ケーキ、和菓⼦、⽣⾁、ハム類)でした。
新モデルでは、調理加⼯⾷品モード(標準搭載)の他に(揚物類モード、煮物類モード、寿司類モード、サラダ類モード、パン類モード、ケーキモード、和菓⼦モード、⽣⾁モード、ハム類モード)の中から6つのモードを選択して頂き搭載することが可能となりました。

(計7モード搭載)新たに追加となった3モードについてご紹介しますと、揚物類モードとは、「天ぷら」「から揚げ」「コロッケ」など油で揚げて調理される単品⾷品の測定に適しています。
煮物類モードとは、「筑前煮」「野菜の煮物」「おでん」など、今まで⽔分が多いことで不得意とされていた煮物を測定する事が出来ます。寿司類モードとは、⿂介類に多く含まれる「たんぱく質」をより良く検出する事が可能となりました。

●CA-HM測定モードご紹介

旧モデルでは、6つの測定モードが標準搭載(反射測定:調理加⼯⾷品、和・洋菓⼦、スナック、透過測定:清涼飲料⽔、コーヒー飲料、カレーシチュー)でしたが、
新モデルでは、調理加⼯⾷品、和・洋菓⼦、スナック、清涼飲料⽔、コーヒー飲料、カレーシチュー、揚物類、煮物類、寿司類、サラダ類、アルコール飲料類、味噌汁・スープ類の他に、五訂⾷品分類表に沿った、17項⽬の測定モード:1穀類、2いも及びでん粉類、3砂糖及び⽢味料類、4⾖類、5種実類、6野菜類、7果実類、8きのこ類、9藻類、10⿂介類、11⾁類、12卵類、13乳類、14油脂類、15菓⼦類、16し好飲料類、17調味料及び⾹⾟料類の中から測定モードを6項⽬選択して頂き搭載する事が可能となりました。また、より多くの測定モードをご利⽤頂くお客様には、更に測定モードを追加する事でお客様のニーズに対応する事が可能になりました。
関連記事

検索フォーム

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

 2018年度第2次補正予算が2月7日、参院本会議で可決成立しました Feb 09, 2019
カロリーアンサー概要 Dec 31, 2018
食品表示の適正化に向けた取組について(消費者庁) Dec 29, 2018
カロリーアンサーの、アフター体制はシッカリしていますか? Dec 27, 2018
カロリーアンサーは、購入価格に見合うのか? Dec 23, 2018

プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規全国販売即応代理店】
有限会社夢健工房
本店:カロリーアンサー.com

スマホ・タブレット読み取り

QR