記事一覧

カロリーアンサーを購入して、売り上げ増やコスト削減に期待できますか?

ご質問お答え


期待と言う事であれば、ご活用いただくお客様のフィールドにより用途が異なるので、一応にお答えすることはできません。

ただ食品の栄養表示(カロリー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)に必要な基本測定に加え、ひき肉などの赤身率、天ぷらやフライ物の吸油率の変化、調理オペレーションのばらつきによる、栄養価の変化や損失の確認がいとも簡単にできます。
(測定専用セルに入れて装置にセット、スイッチオンで3分で測定完了)
また、食事管理が必要な施設では、入居者個人個人の食べ残しの栄養管理も容易にできます。

売り上げやコストについては、栄養表示関連費用を内部や外部にかけていれば、かんたんに比較は可能です。
導入いただいたスーパーマーケットの売り場担当役員様の談話では、インストア調理品に栄養表示を始めて後は、消費者からの問い合わせが圧倒的に少なくなった。
店舗間の味付けや、揚げ物等の衣厚について注意するようになりました。
ヘルシーや体に優しい調理法を、従業員自身から創意工夫するようになり、結果的に自社の安心・安全の意識改革につながったとの評価をいただきました。

さらに、数十店舗の栄養表示を確実に実施するとなったら、栄養関連スタッフは、経験者で最低3人は必要であったとお伺いしています。



関連記事

検索フォーム

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

 2018年度第2次補正予算が2月7日、参院本会議で可決成立しました Feb 09, 2019
カロリーアンサー概要 Dec 31, 2018
食品表示の適正化に向けた取組について(消費者庁) Dec 29, 2018
カロリーアンサーの、アフター体制はシッカリしていますか? Dec 27, 2018
カロリーアンサーは、購入価格に見合うのか? Dec 23, 2018

プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規全国販売即応代理店】
有限会社夢健工房
本店:カロリーアンサー.com

スマホ・タブレット読み取り

QR