記事一覧

カロリーアンサーは安全ですか

ご質問お答え


近赤外線という、目に見える光可視光線よりもさらに長い波長域の光線を使用し、吸光度を分析して演算処理によりカロリーを測定するため、薬品はいっさい使用しませんし、吸収も弱いため食品の変質も皆無です。

ちなみに近赤外線分光分析を使った事例は、水分計、穀類、肉などのたんぱく質の計測、果物の糖度計、うまみ測定、血糖値の測定、血液の酸素濃度計測などに広く使われている分析方法です。

業務用としては、表面の情報を均質化させるために、フードプロセッサーやホモジナイザーを使って粉砕しますが、チャーハンのような食品は粉砕しないでも、そのまま測定することも可能です。

もちろん測定後に食べることも可能ですし、温度の変化や組成に変化は起こりません。

関連記事

検索フォーム

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

 2018年度第2次補正予算が2月7日、参院本会議で可決成立しました Feb 09, 2019
カロリーアンサー概要 Dec 31, 2018
食品表示の適正化に向けた取組について(消費者庁) Dec 29, 2018
カロリーアンサーの、アフター体制はシッカリしていますか? Dec 27, 2018
カロリーアンサーは、購入価格に見合うのか? Dec 23, 2018

プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規全国販売即応代理店】
有限会社夢健工房
本店:カロリーアンサー.com

スマホ・タブレット読み取り

QR