記事一覧

カロリーアンサーは、何でも測れるのですか?

ご質問お答え


現在販売中のCA-HMタイプは、発売1号機からは飛躍的な進化を遂げ、反射測定に加え透過測定も追加、食品のほとんどを測定できる、多彩なモードを搭載可能にいたしました。

現在検量線(モード)は、下記のように七訂食品分類表に沿った17項目の他に、オリジナルモードも取り揃えました。
①穀類②いも及びでん紛類③砂糖及び甘味類④豆類⑤種実類⑥野菜類⑦果実類⑧きのこ類⑨藻類⑩魚介類⑪肉類⑫卵類⑬乳類⑭油脂類⑮菓子類⑯調味料及び香辛料類⑰調理加工食品類
に加え、オリジナルモードとして、⑱揚げ物⑲煮物⑳寿司㉑サラダ㉒清涼飲料水㉓コーヒー飲料㉔カレーシチュールー㉕味噌汁・スープ㉖アルコール飲料㉗中華㉘魚卵㉙パンの29種類より、ユーザー様にセレクトいただき、6モードを搭載した状態を標準機としています。
もちろん、29モードすべて搭載することも可能ですし、29モードに当てはまらない食品については、ユーザー様の仕様に沿った特殊モードや、専用モードの作成も可能となっております。
以上のように、国内流通食品のほとんどは、測定分析が可能となりました。

カロリーアンサーで測定できないものは2点です。
光を吸収してしまう、透過性のない液体(例:イカ墨)濃縮液、
難消化性糖質を多く含むもの(例:キシリトール、寒天、スクラロース)


関連記事

検索フォーム

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

 2018年度第2次補正予算が2月7日、参院本会議で可決成立しました Feb 09, 2019
カロリーアンサー概要 Dec 31, 2018
食品表示の適正化に向けた取組について(消費者庁) Dec 29, 2018
カロリーアンサーの、アフター体制はシッカリしていますか? Dec 27, 2018
カロリーアンサーは、購入価格に見合うのか? Dec 23, 2018

プロフィール

下江利昭

Author:下江利昭
【正規全国販売即応代理店】
有限会社夢健工房
本店:カロリーアンサー.com

スマホ・タブレット読み取り

QR